Read Article

表側もカバーするiPhone6 plusのケース(蓋なし)

表側もカバーするiPhone6 plusのケース(蓋なし)

iPhone6 plusを購入したお話は先日投稿しました。

リンク:iPhone6 Plus 128GB 届きました 大きさ比較をやってみましょう

リンク:iPhone6 Plus ポケットに入れてみると…

今回は、ボクが今回iPhone6 plusにつけたケースについてご紹介します。

表側にもカバー?

スマートフォンのケースといえば、普通は側面と背面をカバーするものだと思っていました。表側は液晶部分だけではなくて、枠の部分もシートを貼るというのがこれまでのやり方だったように思います(少なくともボクにはという話で、すでにあったかもしれません)。

iPhone6 plusが到着する前にビッグカメラでカバーを物色していたら、これまでと同じように側面と背面をカバーするケースももちろんあるのですが、表面をカバーするケースが売っていたので今回はそちらにしてみることにしました。

2014 11 01 15 40 31

ケースセットの内容

カバーはこれまで通りの背面ケース、そして今回初登場の表側のケース、そして液晶画面を保護するガラスフィルムで構成されています。

2014 11 01 15 43 30

それにプラス、ガラスフィルムを貼る前のお手入れセットが3つ用意されています。

2014 11 01 15 47 29

液晶画面のお手入れ

同封されているクロスでざっと液晶画面をきれいにします。いつも思うのですが、クロスで拭くと結構ホコリって残るんですよね。今まで息を吹きかけて最後の仕上げ(?)をしていましたが、このセットにはまだまだクリーニングを続ける道具が入っています。

シールでホコリ除去

クロスで画面をきれいにした後、ホコリを取り除くためにシールが用意されています。それをペタペタやりながらホコリを除去していきます。

2014 11 01 15 49 45

最後にアルコールシートで仕上げ

シールにもノリが付いているわけですから、ひょっとしたらノリの跡が残るかもしれないことを想定してか、最後はアルコールシートで表面を拭いて仕上がりです。

2014 11 01 15 51 13

ケースをはめる

ここからケースのはめ込みです。まずは背面から行います。背面のケースをはめた状態がこちらになります。

2014 11 01 15 53 29

次に、表側のケースをはめ込みます。

2014 11 01 15 54 07

2014 11 01 15 57 44

そして最後に、液晶保護のガラスシートをはって完成です。

カメラの出っ張りもすっきり収まります

2014 11 01 15 59 33

両面ケースにした理由

ボク、とにかく落とすんです。iPhone5のときも本当によく落として、おかげさまで液晶が蜘蛛の巣になることはなかったのですが、ケースはヒビだらけ。本当にバンパーの役割でした。かといって、手帳タイプのように蓋が付いているのは煩わしいので使いたくなかったのです。

とにかく落とすからということで、全体をカバーするケースが登場していたので使ってみることにしたのです。両面にプラスチックケースがきますから厚みは増しますが、気になるほどではありません。

iPhone6 plusを購入された方、これから購入を検討されている方、こういったケースもいいものですよ。

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

Return Top