Read Article

iPhone6 Plus ポケットに入れてみると…

iPhone6 Plus ポケットに入れてみると…

先日はiPhone6 Plusの大きさ比較をご紹介しました。

Link:iPhone6 Plus 128GB 届きました 大きさ比較をやってみましょう

今回は実際に使用ているところをご紹介いたします。携帯電話ですからカバンに入れているよりも服のポケットに入れていることが多くなります。実際にあの大きさのiPhone6 Plusをポケットに入れてみるとどうなるでしょうか。

ビジネスでスーツ着用シーン

DSC00659

入るには入りますが、おそらくドレスコードとしてはNGでしょうね。ポケットチーフに見えなくもないですが、厳しいかな。

DSC00658

ラペルにかかりますので、こういう状態だけは避けたいところです。こうなるとみっともないの領域に入ってきます。

スラックスでは…

DSC00664

お尻のポケットにはスポット治まりますが、これだけ角張っているとNGでしょうね。

DSC00661

スラックスのサイドポケットに入れてみましたが顔を出します。座ってないのでわかりませんが、椅子に腰掛けると相当邪魔になると思われます。

カジュアルにデニムパンツでは…

DSC00668

まぁ、想定の範囲内といった感じですが、簡単に取られてしまいそうですので人ごみの場所ではやめておいたほうがよいでしょう。

こちらは実際に休日動いてみましたが、しゃがむ程度には気になりませんでした。ダラーんとお尻を寝かせて硬い椅子に座るとちょっと心配ではあります。

DSC00669

サイドポケットに入れたところです。前の方が急に陰で暗くなっていることからわかるように、ぎこちない感じが否めません。

普段からデニムのサイドポケットにものを入れることはないですが、ちょっとした小物を入れて腰掛けるとゴワっとするように、このクラスのものが入った状態で椅子に座ると違和感が大きいと思われます。

 

以上、iPhone6 Plusの実用シーンの実況中継でした(笑。

関連記事:iPhone6 Plus 128GB 届きました 大きさ比較をやってみましょう

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

Return Top