Read Article

図解入り、お尻の筋肉の伸ばし方

図解入り、お尻の筋肉の伸ばし方

以前、図解入り、お尻の筋肉の鍛え方にてご案内いたしました、その続きになります。

筋肉を鍛えるのにあたって重要になるのが、その前後のストレッチです。今回はこちらをご紹介いたしましょう。

2014 10 27 23 34 00

イスに浅く座る

このストレッチはイスを使いますが、できるだけ浅く座ります。

片方の足の足首を、もう片方の地面に足が着いている方の足のヒザの上においてやります。

ヒザは直角に

地面に着いている方の足のヒザはできるだけ直角にします。この角度が浅くなったり深くなったりするとヒザの高さが低くなるため、ストレッチの効果が低くなります。

両手は上の足へ

図のように右足を上に乗せる場合、右手でヒザを下に押してやります。反対側の手は足首に添える感じで大丈夫です。

胸を張る

胸を思いっきり前に突き出すように張り、背筋をしっかりと伸ばしてやります。

その効果は…

お尻の筋肉が硬い人は、背筋を伸ばすと同時にお尻が浮いてきてしまいます。手でヒザを押してやりながらしばらく待つと、筋肉が伸びてきてお尻が落ちてきます。

お尻の筋肉は骨盤や股関節に近い筋肉なので、ここが硬いと下半身のダルさにつながります。下半身のダルさはそのまま全身のダルさに直結しますので注意が必要です。

しかしながら、お尻そのものを動かすことはあまりないですし、そもそもお尻の筋肉を意識して動かすことがないので厄介です。意識して動かすことがないだけに、そういった部分のストレッチには一工夫が必要です。

注意点

以前、腰痛持ちの友人が「お尻が疲れる」といっていたので教えてあげたのですが、本格的な腰痛持ちの人にはお尻の筋肉が伸びる前に腰回りの筋肉に影響があるようで痛がっていました。これをやることによってお尻の筋肉が緩めばその上にある骨盤周りの筋肉も伸びてきますが、本格的な腰痛持ちの方は自分の腰とよく相談しながらやったほうがよさそうです。

この方法は以前マッサージ師さんに教えていただいたものです。事務職の方でも一息ついでに自席でできるのでオススメですよ(スカート姿の女性を除く)。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

Return Top