Read Article

Evernoteと同期できるアプリが正常に同期を始めないときの対処方法 キーチェーンの取扱い

Evernoteと同期できるアプリが正常に同期を始めないときの対処方法 キーチェーンの取扱い

Evernoteと同期できるアウトライナー、Cloud Outlinerというアプリがあります。このアプリでアウトライナーとしてファイルを作成すると、EvernotにあるCloud Outlinerというノートブック内に同期ファイルができあがるという、アウトライナー好きがEvernoteとうまく付き合うのに便利なアプリです。

アプリを見つけて早速ダウンロード、Evernoteと同期しようとしたのですが、あれこれ手を変えても一向に同期することができないという事象が発生しました。Evernote側で接続アプリの一覧から消去してもダメ、八方手ふさがりになったので開発元に問い合わせして対処方法を教えていただくことになりました。

この時、必要になったのがキーチェーンをいじること。なにやら聞きなれないものですが、以下の方法で管理画面をみることができ、操作ができましたのでご紹介いたします。

まずはブラウザでEvernoteの設定を確認してみる

Evernoteをブラウザで開くと、左下にSettingというリンクがあります。そこをクリックすると今月の同期で使用した容量の確認ができたりする管理画面に入れます。

スクリーンショット 2014 10 26 22 12 45

そこのSecurity→Applicationsを開いていくと、Evernoteと関連付けされたアプリやサービスの一覧を見ることができます。

スクリーンショット 2014 10 26 22 17 32

これを見る限り、Evernoteに接続はできています。同期ができていないので再度接続の操作をすると、Re-Authorizeと表示されますので、接続できていることは間違いありません。

ここからキーチェーンの操作の方法

開発元からは次のようなメールが届きました。

スクリーンショット 2014 10 26 22 24 46

最初の1〜3はもちろんやってみたのですがダメでした。 次に下に書かれた方法をやってみるわけですが、ここで”Keychain Access” app(you can find it in Applications/Other)とあります。はてさて、これは一体どこにあるのでしょうか。

キーチェーンについてはApple公式サポートで説明されています。 http://support.apple.com/kb/HT1631?viewlocale=ja_JP

キーチェーン管理は普段は行わないですし、Launch Padなどに入っていません。 上記サイトの方法にあるように、[Finder]で[移動]→[ユーティリティー]とクリックを続けるとFinderが次のようになります。

スクリーンショット 2014 10 26 22 36 42

ここで[キーチェーンアクセス]をダブルクリックすると、キーチェーンアクセスの一覧が表示されます。

スクリーンショット 2014 10 26 21 49 29

ここで、www.evernote.comとなっているものをまとめて全部削除します。

続いて再度Evernote、同期したいアプリを順番にログインして接続していくと、同期が成功しました。

あまりお世話になることはないと思いますが、備忘録兼ねてご紹介でした。

Cloud Outlinerについては、別途ご紹介したいと思います。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

Return Top