Read Article

どれぐらいの文字数が、どれぐらいの時間で記述できるのか

どれぐらいの文字数が、どれぐらいの時間で記述できるのか

私は文章を書くことは好きではあるけれども、実際文章にする機会が 圧倒的に多いのは会社のラップトップの前です。そして目的が定まった文章が多いです。例えば、事務連絡とか通達文書といった類いのものになるわけですが、基本的にはWordの初期設定の文字数、行数をそのまま使いますので、プレビューモードでどれぐらい文章が進捗したかを確認することができます。

それは文字数という客観的な分量ではなくて、Wordの見た目で判断する分量なので、実際どれぐらいの文字数を書いたのか意識をすることはほぼありません。あくまでWordのデフォルト設定で、最初は日付や通達番号で何行が使いますので、実際に文章にできる行はあまり多くありません。

会社で使う文章はそういう見た目の感覚で文章を作ることができます。そして概ねそれにかける時間も文章を書く手前の作業で整理が_アウトラインができあがっているからこそか、可能になるものでもあります。

打って変わって家に戻ってくると、会社で間に合わなかったことのインプットの追加や理解の深度を上げていくために相当な時間をどうしてもかけてしまい、アウトプットの時間や機会がどうしても少なめ、いやほぼ皆無に近くなってしまいます。また、家ではウェブにアップすることを目的として文章を書いていると、テキストエディタに入力した文字からくる見た目がそのままブラウザに反映されないために、できあがりの文章の体裁_というよりブラウザでの見た目_がわかりにくいという側面もあります。

私はスマートフォンでメモをしたりomni outlinerを使うことはありますが、文章を書くことは全くやってきませんでした。これも理由は出来上がった状態がわかりにくいということにあると思います。

今もWordpressに送らずにずっとテキストエディタだけ見ながら書いていますが、さてここまできて何文字かけたのか。タイトルも入れて823文字でした。400字詰原稿用紙で2枚ちょっと。これをWordpressにあげるとどうなるのか。アップロードする前の今は不安でドキドキです。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

Return Top