Read Article

文字数カウントに最適なアプリ「PopClip」

文字数カウントに最適なアプリ「PopClip」

MacBook Proに代えてMS-Wordを使わなくなって最も不便だなと思ったのは、文字数カウンタがないことです。今自分がどれぐらい文字を使っているのかがわからないのは、残りの距離数をわからずに長距離走をしているような感じに陥りとても不安です。文字数をカウントするにはどうしたらいいんだ?と思っていた矢先、しゅうまいさんのブログでみつけたPopClipというアプリ。その不安を払拭させてくれるアプリですのでご紹介します。

PopClip

AppleのApp Storeで購入することができます。

Popclip app store

テキストをドラッグすると、右クリックした時のようにメニューが表示されます。具体的にみてみるとこんな感じです。

Pop clip

テキスト選択とかぶってしまって少し見にくいのですが、このようにメニューが出てきます。後は目的のメニューをクリックしてやればO.K.です。象さんマークをクリックすればEvernoteに無題ノートが作成され、後はタイトルとノートを指定すればそのままEvernoteに保存されます。いちいちコピーして、Evernoteの画面に切り替えて、そこでペーストする、という動作を不要にしてくれます。

話を文字数カウントに戻しましょう。

Pop clip counter

メニューの一番右側に「41 Charaters」と出ています。これが選択している部分の文字数です。何ページにもわたる論文のようなものには向かないかもしれませんが、例えばブログを更新するときに1パラグラフで文字数の目安を決めている方にはもってこいなツールだと思います。

こんなときに使ってます

大学のOB会でツイッターのアカウントを持っているのですが、OB会のアカウントだと年に数回のパーティーの案内しか使わないので、毎日何かしらつぶやくようにしています。「管理人のつぶやき」として毎日つぶやいているのですが、できるだけ情報を多く盛り込もうとするとどうしても文字数が多くなります。そんな時、つぶやいた部分をハイライトしてやれば文字数が表示されるので大変便利です。

それだったらツイッターのクライアントで文字数出るでしょ?と思われるかもしれません。しかし、毎日つぶやくのは結構大変で、仕事が遅くなったりした時は帰宅→着替えて布団へ、という時もあります。なのであらかじめEvernoteでつぶやき貯金をしているのですが、文字数カウントのためにツイッターのクライアントにコピーするのは煩雑なので、このソフトを使用しています。140文字の緊張感をこのソフトで和らいでいる感じです。

でも、正直ここが使いにくい…

ということで大変便利なアプリなのですが、残念な点が1つだけ。それは範囲の選択がマウスでやらないとツールバーが表示されないのです。Shift+矢印キーで範囲を指定してもツールバーが現れないのです。また、command+Aで全指定した場合もツールバーが表示されません。何とか改善されないかなぁと思っています。

たかが文字数、されど文字数

文字数をカウントするために有料アプリを、とはかなり贅沢に思われるかもしれません。また、1行の文字数は決まっているのだから行数でかけてやればいいんじゃない?と思われるかも。でも文章中に半角のアルファベットや数字が入るとその計算は成立しません。PopClipなら、そのようなことも朝飯前です。

現実として、Mac OSのメモにはカウンタがありませんし、Evernoteにもカウンタはありません。PopClipはEvernoteのApp Centerにも登録されており、Evernoteも認めたツールです。

1文がどうしても長くなってしまうということはよくあります。コンパクトな文章を書く練習をするためにも、PopClipを使用してみてはいかがですか?

PopClip

500円
(2013.11.22時点)
posted with ポチレバ
URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

Return Top